逸刀流の隊長をしているものですが・・・

ガンダムネットワークオペレーション(GNO)にはまって7年8ヶ月(ハッテ連岩手支部)
GNO1は終戦しましたが,GNO2とGNO3に参戦中〜
それとベルアイルは,給料だけ貰いに入ってます。
ベルアイルはとうに終了、GNOも終わりました。
今はDIYが趣味となっております〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
機動戦士ガンダムユニコーン

ガンダムエースで連載されていた、

 「機動戦士ガンダムユニコーン」完結しました

2年8ヶ月の連載でした。
そんなにやってたんですね〜

書いている、福井晴敏さんって、実はあまり期待してなかったんですよ〜
でも、正直、面白かったです

マンガ誌での小説はなかなか珍しいです。
しかも、それがアニメになるんですから、嬉しいコトです

残念なのは・・・アニメの作画監督が安彦良和さんじゃないコトです・・・
下が、主人公のアニメ絵です↓

 

うーん・・・安彦良和さんが最初に書いていた、キャラと違う・・・
本当に残念だ

それでも、絶対に見ますけどね〜w
楽しみ楽しみ〜

しかし、ユニコーンのガンプラが作りたいな・・・

| ロック・ノナピ | 小説 | 23:38 | comments(6) | trackbacks(0) |
鳩笛草
またまた,宮部みゆきさんの作品を読み終わりました読書

鳩笛草



という主題が付いている文庫本読書ですが、燔祭(はんさい)と朽ちてゆくまでという、超能力物の3作品で一冊となってます。
これを読むのは2回目なんですが、なんで2回も読んだかというと、燔祭は、クロスファイアに繋がる作品だからですわーい

宮部みゆきさんの作品の中で一番好きな、クロスファイアを読むなら、その前振りの、燔祭を読まない訳にはいきませんちっ!!
しかし、読み直しても面白いですね〜拍手

パイロキネシス・・・(発火能力)を持った女性の話しですが、この作品での主役はもう一人の男性です。
サブなんだけど、存在感のある女性が書かれているから、次作を書くコトにもなって、映画まで発展していったのでしょうグッド

早く、クロスファイアが読みたくなりましたウィンク
| ロック・ノナピ | 小説 | 21:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
蒲生邸事件
また,宮部みゆきさんの作品を読み終わりました読書
いや〜,文庫本として読むには長かったな〜たらーっ

最初は,受験に失敗した受験生の話しで,どんな風に展開していくのかと思ってましたが,まさかあんな風になるとは・・・びっくり
いい意味で裏切られましたわーい

しかも、2.26事件について思いがけず,勉強になりましたよラッキー
これも実写化されないかな〜と思ったら・・・、もうされてましたひやひや


リンク先はNHKでドラマ化された時のものです。

蒲生邸事件

だいぶ前の作品だから,実写化されててもおかしくはないのですが,この顔ぶれはなかなかなものですグッド
見てみたいけど、今更再放送はしないでしょうからね・・・うーん、残念だ[:がく〜:]

そういや、貸して下さったABE-Peeさん、ありがとうございましたわーい
面白く読まさしていただきました。

さて、次の作品ですが、久々に一番大好きな作品のクロスファイアを見ます拍手
映像もいいですが、やっぱり小説が最高ですからねラブラブ
| ロック・ノナピ | 小説 | 12:14 | comments(3) | trackbacks(0) |
宮部みゆき 贈る物語 Terror
コレを読み終わりました。

しかし,宮部みゆきさんの本という訳ではありません。
宮部みゆきさんが選んだ,外国の怖い話しの中短編集です。



【背表紙より】
 海外ホラー小説の古典,有名作品を中心に,宮部みゆきがセレクトした15編は,名作ぞろい。身体の芯から震え上がる恐怖の時間をどうぞご体験あれ。


私が知っていた話しは「猿の手」だけでした。
他の作品は知らないやつばかりだったので,期待したのですが・・・

面白かったと思うのは「オレンジは苦悩,ブルーは狂気」くらいでしたね。
これは「どうなっていくんだ!?」と思いながら楽しく読めました拍手

他は,残念ながらイマイチかと・・・しょんぼり


さてと,次は借りた蒲生邸事件です。
ちょっと長いのでゆっくりと楽しめるかと楽しい
| ロック・ノナピ | 小説 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(1) |
宮部みゆき「心とろかすような」
宮部みゆきさんの作品をまた1つ読み終わりました読書

心とろかすような



前に見た「パーフェクトブルー」の続編です。
前のやつは長編でしたが,心とろかすようなは,短編を集めたやつです。

短編とは言え,蓮見探偵事務所の人達と元警察犬のマサが出てくるのは一緒です。
では,それぞれの感想などを・・・


「心とろかすような」
本の題名となっている作品です。
蓮見探偵事務所の,妹さんと調査員アシスタントが朝帰りしたが,それには当然理由があり・・・

という形から始まり,事件に発展していきます。
唐突な感じがしますが,さすが宮部作品です。
上手くまとめているものです。


「てのひらの森の下で」
いつものように早朝ジョギングをしていた蓮見探偵事務所加代子さんマサ
そこに頭から血を流した人が倒れていて・・・

これはちょっと予想外な展開でした。
こういう展開になるとは読めなかったのが,嬉しいですわーい


「白い騎士は笑う」
強盗殺人事件の指名手配犯のお姉さんが,蓮見探偵事務所に訪れ,弟が何の借金をしていたのか調べて欲しいとの依頼を受ける・・・

これは最後はちょっと悲しい結末でしたポロリ
すべてがハッピーエンドばかりではないというコトですね・・・


「マサ,留守番する」
蓮見探偵事務所の面々が台湾旅行に行くコトになり,マサは留守番するコトとなるが・・・

マサの視点で事件がすすみ,推理したのがピタリと当たっているのに犬犬だろっ!と突っ込みたくなりましたが,小説だもんなと納得しながら読みました。
他の動物との掛け合いが面白かったです。


「マサの弁明」
夜中になると,サンダルを履いた人が近づいてくる音がするので調べて欲しいという,変わった依頼を受け,原因はすぐに判ったのだが,その裏には実は・・・

この依頼者が宮部氏本人であるというのは面白い。
しかし,自分のコトを書くなんてよく出来るな〜と関心してしまいました。


トータルで読んで,まぁまぁですかね。
なーんて、偉そうな事なんか言えないんですけどね汗

では、次に読むのは宮部さんの名前が付いてますが、宮部さんの作品では無いものを読みます読書
| ロック・ノナピ | 小説 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
パーフェクト・ブルー
宮部みゆきさんの作品をまた読み終わりました。

パーフェクト・ブルー

これは、宮部みゆきさんの初の長編小説なんですね。
順番なんか関係なく読んでいるのが、ここでバレましたねたらーっ

でも、やはり初の長編小説なせいでしょうか。
面白いんですけど、上手く行き過ぎな部分がね〜ひやひや

警察犬のマサが出てきます犬
この犬はなかなかいいですね〜グッド

8年後には「心とろかすような」という作品を書いてますが、これには前述のマサや、取り巻く人達が出てきます。

次に読む作品はそれですが、どのように変わっているかが楽しみです楽しい
| ロック・ノナピ | 小説 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
宮部みゆき 「地下街の雨」
宮部さんの作品をまた一冊読み終わりました読書
短編小説です。

地下街の雨

1.地下街の雨
 本の題名ともなっている作品です。
どうなるかと思いながら、引きずり込まれましたが、最後が出来過ぎかなひやひや
私が主人公の立場だったら、ふざけんなコノヤローむかっって言うかもたらーっ

2.決して見えない
 ちょっとドキドキしました。
実際にこんなコトがあったらと・・・汗

3.不文律
 タイミングが悪いとこんなコトにもなるのかな〜

4.混線
 これはちょっと気持ち悪かった冷や汗
そこがいいというトコロもありますけどね。

5.勝ち逃げ
 最後がちょっと読めなかった。
明るく終わったので良かったかなとw

6.ムクロバラ
 これは良く出来た作品でしたグッド
そうなるのかー!!と思ったら、またいい最後でした拍手

7.さよなら、キリハラさん
 こんなコトがあったら・・・と考えてしまいました。
でも面白い作品でした。


最後の解説を、宮部さんと仲の良い室井滋さんが書いてます。
ちょっと共感するトコロがあったのですが、「<女優の目>で読んでいる。」というトコです。

私も短編小説だったので、舞台にしたら面白いかな〜と思って読んでました。
室井さんも同じように読んでいたとはw

まぁ、私は素人に毛が生えた程度に人間ですけどたらーっ
舞台として作るなら、最後の「さよならキリハラさん」がやりたいですね。

うーん、キリハラさんを演じてみたいイヒヒ
| ロック・ノナピ | 小説 | 19:39 | comments(4) | trackbacks(0) |
R.P.G.
普段はバスでの通勤のみでしか読まない小説。
ですが,インフルエンザで寝込んでいる間に読み終わりました読書

R.P.G. ロール・プレイング・ゲーム

もちろん,大好きな宮部みゆき作品です楽しい
R.P.G.というと,ドラクエFFをイメージする方が多いと思いますが,私もその一人ですたらーっ

推理小説に何が関係あるのかな〜と思って読んでましたが,最後に納得できましたグッド
さすが,宮部みゆきさんだ,上手い書き方です拍手

それに,登場人物がナイス!!
一番好きな「クロスファイア」に出ている石津ちか子刑事「模倣犯」に出て来た武上悦郎刑事が競演しているんですよわーい

どちらも,小説の中で印象深く記憶に残っている刑事でしたので,読んだ時はビックリしましたびっくり
中では上手く書かれているのも最高でした上向き

面白かった作品の1つになりましたウィンク



最後にロール・プレイングの意味を。
実際の場面を想定し,さまざまな役割を演じさせて,問題の解決法を会得させる学習法。役割実演法。
| ロック・ノナピ | 小説 | 12:02 | comments(4) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ログスター ブログパーツUL5
 1/1PAGES 
このページの先頭へ